自転車が欲しい!?

By tarot
2014年1月29日
0

以前から私はどこへ行くのにもほとんど自転車を利用することが多かった。それこそ、よっぽど遠くなければほとんどどこへでも自転車で出かけていった。思えば、自転車を乗るようになったのは中学生になった頃からが頻繁に乗るようになったのだったと思う。

当時は、塾通いのために自転車が必需品だった。夜、塾が終わって家に帰るのも結構な距離があってにもかかわらず自転車のおかげでそんなに苦にならなかった。

そのまま高校へ通うのも自転車は大活躍してくれた。徒歩だと30分以上かかる道のりを自転車で大急ぎでぶっ飛ばしていけばいつも遅刻しそうな朝もなんとか間に合ったものだ。

大学生になっても、相変わらず自転車は大活躍した。学校へ行くときもバイトに行くときもいつもバス代などを安くあげるために自転車に乗って行った。とにかく、私にとっての自転車とは、利便性が最優先事項だった。だから自転車の種類はというと常におばちゃんがお買い物に使う、通称オバチャリ、だった。

そんな私も就職してまもなくして、車と電車のどちらかが主流の生活となり自転車は疎遠となった。ある程度社会人に慣れてきた時にふと急に自転車が乗りたくなった。だけど今度はもっと楽しみながら乗ってみたいと考え、MTBバイクの自転車を購入することにした。

案外、MTBって高いものなんだとこの時に初めて知った。それまでの自転車ならば1万円ちょっとだせば普通に買えていたのに、変速機やらなにやらがついたMTBになると3~5倍の値段なんて当たり前だった。だけど楽しく乗る、というのが今の私の自転車の楽しみ方なので、迷わず、ヤフオクで、じっくり検討して見た目のできるだけ格好いいのをチョイスした。

MTBバイクをいざ乗ってみると、速度もさることながら、今までと結構勝手が違うこともあり、長い急な坂道などで調子にのっていて一度えらい目に合った。かなりの速い速度で坂道を下っていたら突然大雨が降ってきて、その瞬間急なカーブが目の前に現れたせいでスリップしたその瞬間に体ごと大きく放り出されたのだった。

おかげで、鎖骨骨折し、随分痛い目に合うこととなった。このときにはじめて自転車保険なるものを知った。保険屋さんによると自転車事故は年々増え続けているという。自転車事故で最悪の場合死亡事故もありうるのでそうなったときに保険未加入だと一生困ることになる、という話を聞いて寒気がした。

たとえ自転車とはいえバカに出来ないなと。自転車保険は必ず入っておこうと誓った。

,

Comments: 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>